自己排出性の良いセルパージ

セルパージは、シリンダー/スクリュー表面を滑るのです。

低残留を実現するためには、樹脂の相容性が重要です。特にホットランナーでは、 デッドスペースへのパージ剤の残留を防ぐため、ご使用中の樹脂に適したグレードをご選択ください。
セルパージでは、相容性の良さに加えて、界面活性剤も自己排出性に大きく貢献しています。 すなわち、界面活性剤は、前材を排出する際には、接触角θを大きくして前材を排出され やすくしましたが、続いて後材へ置換するときには、セルパージ自身を排出されやすくする役割を果たします。
つまり、界面活性剤は、セルパージとシリンダー/スクリューの金属表面の間(界面) に 存在するため、セルパージは、シリンダー/スクリュー表面を滑るのです。 普通の樹脂を用いると、金属壁近辺にある樹脂は、簡単には排出されません。