透明樹脂での残留

透明樹脂で残留する場合は、成形を続けないでエアショット

PC、PMMA、透明ABS などの透明の樹脂では、残留が目立ちやすく、着色した材料では問題にならないようなごくわずかのセルパージの残留が白い筋として見えることがあります。このような残留は、成形を続けても容易には取れません

透明樹脂での残留が問題になる場合は、一旦成形を中止し、計量をできるだけ小さくして、金型からノズルを離して計量・射出の操作を繰り返す、エアショットの方法でパージをしてください。
ホットランナーの場合も、同様に、金型を開いて計量・射出を繰り返して、エアショットで 排出してください。

金型とノズルを離す