押出成形

残念ながら、セルパージでも洗浄できないダイスもあります。

セルパージは、押出成形でも効果を発揮しますが、残念ながらすべての押出成形で完璧な 洗浄が可能な訳ではありません。
 

これは、多くの押出成形において、流路の方向が変わるところにデッドスペースが 生じるためと、射出成形よりも高粘度の樹脂を使用するためです。例えば、T-ダイを用いたシートやフィルムの押出においては、 ハンガーコートの肩辺り(右図) に、必ず滞留する部分が 存在します。
セルパージのホットランナー用グレードは、比較的小さなデッドスペースなら 十分に排出する能力を有しており、小型の機械であれば、ほとんどの成形法に対応します。 それ以外では、一部の樹脂、成形法に対して、有効なグレードがあります。 セルパージが十分な効果を発揮する押出成形の目安は、以下の通りです。なお、セルパージの必要量は、ダイの形状や容量に大きく異なります。
セルパージが十分な効果を発揮する押出成形の目安は、以下の通りです。
なおセルパージの必要量は、ダイの形状や容量に大きく異なります。

比較的小さなデッドスペースなら 十分に排出する

【十分な効果が期待できる成形法】

チューブ成形、異型押出成形、インフレーション・フィルム成形(ポリエチレン:NX-E)

【開発中のグレード】

T-ダイ・フィルム/シート成形

押出成形での押出機の洗浄方法

洗浄中、適宜回転数を変化させる効果的