背圧の設定

背圧は2~10%程度弱く

背圧 高過ぎはダメ!

セルパージを使ってのパージの方法としては、計量値を小さくして、計量・射出を繰り返すやり方 をお勧めしています。これは、できるだけ樹脂の流れの方向を変えて、デッドスペースに溜まった樹脂を取り残さないためです。

背圧を上げて樹脂を流す、いわゆる「背圧パージ」でも十分効果はありますが、中途半端に弱い 圧力でセルパージが漏れてしまうと効果がありません。

背圧高すぎ

適正な背圧で。

ですので、計量・射出操作でパージする場合には、セルパージがノズルからあまり漏れないように、背圧は2~10%程度弱くかけてください。

適切な背圧